project
親、学校、ワタシ

Sera(14歳)

中学2年のワタシ。 学校に行かない選択。
学校に行くことが大前提になっている社会。 不登校が問題になってしまう。 それは大人側の想定が甘いだけ。

学校ともう一つ。 ワタシにとっての多くを占める世界。 それが家庭。
多くの苦労が詰まっている。

今でも毎日のように母とは口喧嘩している。 けど、喧嘩して多くのことを学んでいる。 母も昔の苦労を話してくれる。 いつも応援してくれる。 結局、母に支えられている。

私の母。 多くのことを気づかせてくれる。 こうやって明るくなれたのは母のおかげ。
いつもありがとう。

時の部屋〜留置所〜

スガ(25歳)

窃盗、建造物侵入、逮捕。 3年前の留置場での生活。 相部屋になった人からの暴力。 不起訴になって出られたけども・・。

目の前の「欲」に負けてしまった。 あの時、罪を犯してなくても、いつかはやっていたのだろう。 今は、空気がおいしいと思える。

失ったもの。 ふわっと浮いてしまう信頼、絆、自覚という言葉。 まだ自分の言葉にできていない。

社会の中で引き金を引かされる時とはどんな時だろう。 アンラッキーが重なっていたら、誰もが罪を犯してしまう可能性がある。 悪い条件も結局、社会によって作られているのかもしれない。

番号ではなく、名前で呼ばれること。 仕事をして「ありがとう」と言われること。 人として認められること。 それが嬉しいと感じることができること。

これから先、どんな状況にどういう風に立ち向かうのか。
それは誰も制限できないからこそ、強い意志を持ち続けたい。

結婚の自由〜レズビアンとして〜

そら(22歳)

初めて女性と付き合ってから、自分らしくいられるようになった。
弟の「俺の姉ちゃんであることには変わりない」という言葉。 嬉しかったな。 親も最初は困っていたけど、結局は認めてくれた。 ありがとう。

私は女性と一緒にいることが幸せ。 私には私の普通がある。

どうあるべきかよりも、どうありたいか。 人生にはリハーサルはない。 こんなところで悩んでいる場合じゃない。

セクシャリティは属性ではなく状態。 誰と付き合って、どう自覚してもいい。

好きになった人が好き。 たまたまそれが女の子。 それでいいじゃない。

結婚の自由。 幸せになるための選択肢。 私たちにもくれませんか。

みかんの叫び〜ネガティブな自分との付き合い方〜

みかん(29歳)

毎日、なんとなく病んでいる私。 前と何も変わっていないと思ってしまう私。 落ち込みセンス抜群の私。 自分で自分を追い込んでしまう私。

「あの言動はまずかったかな」と思うセンサーが異常に働いてしまう。 仕事の帰り道、勝手に反省会をやってしまう。 そして落ち込む。

仕事における自己採点は、10点満点中毎日2点。 これまでの最高点は5点。

いったい何をそんなに反省しているのか。 やりたいことがまだまだあるから? 自分が描く理想と現実のギャップに悩み、毎日のように行う一人反省会。

荷下ろしするにはどうすればいいのかな。 誰と荷下ろししたらいいのかな。

私は進んでいる?私は進んでいない? それは自分が決めることでもないのかな。

ネガティブな自分でいることで自分を助けている自分もいる。
少しずつ、自分を研究していこうかな。

全部ゴミ箱に捨ててやったよ〜コロナによって降ろされた就活〜

トモ(24歳)

毎朝の満員電車。 満員のスクールバス。 40人ぐらいのクラス。 ひとまとめに同じ授業。 しんどくて、しんどくて。 高校を1年で中退。 決して簡単でない決断だった。

どこかで「フツウ」になりたがっている。 でも「フツウ」になれない。 穏やかに過ごせる場所は見つけたい。 それは今でも思っている。

コロナ前にタイの山岳民族の村へ留学。 現地のコーヒー農家のオーナーさんに出会って、一気にコーヒーに心惹かれた。

就活。 コロナによって降ろされた。 それによってできた時間。 自分が大好きなコーヒーについて学びに行きたい。

どの道を選んでも苦労する。 だったら、やらされる苦労より、やりたい苦労の方がいい。

自分で背負うと決めた「苦労」には価値がある。 例え、途中で嫌になっても、それはかけがえのない道。 ターニングポイントは売っていない。

過去の自分に手紙を送ることができるとしたら、こう伝えたい。
「そのままでいいよ」と。

想定外の人生〜韓国と日本の狭間で〜

LEE(28歳)

12歳で母国を離れた。 母国語があまり話すことができない。 僕はどこの人なのだろう。

親と連絡が取れなくなった。 もう実家がどこにあるのかもわからない。 そんな想定していなかった。 当たり前だと思っていた「家族」がなくなった。

もともとあったものがなくなるということ。 喪失に近い感覚。 それでも、一生懸命生きていくしかない。

携帯ある? パソコンある? Wi-Fi環境ある? 頼れる人いる? その前にお米ある?

世間は「想定外」に厳しいな。

ぼんやりとした世界を歩くこと〜視覚障害と私〜

ゆめ(22歳)

生まれつきの視覚障害。 全く見えないわけではない。 右目は0、左目は0.02。 さらに黒目が小さくなる病気もある。

定期的にゆらゆらとした気持ちになる。 見た目がコンプレックス。 子どもにも大人にも、ちらちら振り向かれる。

私だってかわいくありたい。 22年経っても消化しきれない気持ち。 親には言えない。

社会の私への接し方。 助かっていることは多い。 すごくありがたい。 けど、もっと私に慣れてくれたらいいのにと思うこともある。

私は保護の対象? それは哀れみ? 私で自己肯定感を上げないで欲しい。

ぼんやりとした社会。 そう見えるのは、私の視力のせいなのかな。

生存可能なプログラム〜持続可能な自分へ〜

Rei(19歳)

攻撃してくる人は常にいた。 家族にも学校にもアルバイト先にも。

高校時代。 成績が下がり出した時から、母親からの虐待が激化した。 自分を守るためなのか、頭の回転が速くなり思考が加速した。 頭の回転が速くなって、できることも増えて楽しかった。 もちろん虐待は辛かったけど。

今でも先が見えないコミュニケーションは恐ろしい。 私が勝手に受信して傷ついているだけなのかな。

怒りを向ける人。 抑え込むことができないことはわかるけど…。 わかったとしても、結局は自分が傷つくことには変わらない。

これからの人生。 完璧でなくてもいい。 中途半端でもいい。
持続可能な自分を探す旅。 果てしない。

水族館になりたい〜死生観〜

環(20歳)

水族館になりたい。 不安定で美しい。 概念としての水族館。

建物に水。 私と違う生き物が泳いでいる。 私と同じ人間が同じ方向を見ている。

シャチが大好き。 海の殺し屋。 空から見ると水面は黒く、海中から見ると太陽の光で白い。 保護色としての白黒模様。

高校時代から精神科通院。 小学校2年から希死念慮。

死ぬために生きている。 死ぬ喜びを取っておく。 好きな食べ物を残しておくように。

でも生きるなら、死ねないなら、 誰かと話していたい。 誰かを助けていたい。 誰かといたい。